[ノウハウ]旅行ガイド本には載っていない体験-XO TOURS-

以前からITのオフショア開発で名前が上がるようになっていた、 急速に発展するベトナムの熱気を生で感じたかったのと、家族旅行とを兼ねて ホーチミンへ行ってきました。 と言っても、現地に着いてから「へー!ベトナムの首都ってホーチミンじゃないんだ!」などと判明するくらいのリサーチ不足の素人ですが、行かないとわからないことがたくさんたくさん。 以下現地ガイドに聞いた情報含めて、大雑把な感想としては、 ・9対1…あるいはそれ以上のバイクだらけの交通事情…ちなみにほとんど信号は無い(信号設置が始まったのは21世 …

Posted in ノウハウ by shiro_96. コメントは受け付けていません。

[診断士]「2ヶ月クン」と呼ばれて

*1 いよいよ今週末は中小企業診断士1次試験ですね! 先週末、IT系の研修を一緒に受講している診断士のKさんが突然、「Y田さん*2ってもしかして『2か月クン』ですか?」と尋ねてきました。 ポッドキャストのイベントなどでは最初から「2か月クン」という前提で話しているし、そうでない場面では特にそんなことを明かしていないので、珍しい質問を受けて驚きつつ、ウソをついても仕方がないので 「はい、そうです。私が2か月クンです」となんだか気恥ずかしく答えましたよ。まるで「変なオジサン」の登場みたいだな、と心の中で …

Posted in 執筆 診断士 診断士Blog by shiro_96. コメントは受け付けていません。

うつ病で退職した後、何が起きているのか

厚労省の下記調査が発表されました

1人あたりの医療費、国保突出 会社員・公務員の倍 うつ病で退職、加入者増加か
http://www.nikkei.com/article/DGKDASFS1303O_W2A710C1NN1000/

 自営業者や退職者が加入し、市町村が運営する国民健康保険(国保)の1人あたりの医療費が、会社員や公務員健保の2倍に膨らんでいることが厚生労働省の調査で分かった。国保の医療費は20~69歳で会社員や公務員を上回った。精神疾患で長期間入院する患者が会社を辞めて国保に入り、医療費が押し上げられたとみられる。

 厚労省が2010年度の診療報酬明細書(レセプト)を分析した。健康保険別にみると、市町村国保の1人あたり医療費が29万7260円と突出。これに対して大企業の健保組合は13万4006円、中小企業の協会けんぽは15万5388円、公務員の共済組合は15万140円だった。75歳以上が加入する後期高齢者医療制度は89万7084円だった。

ここから先は日経新聞サイトでは有料記事になりますので引用は割愛しますが、

記事のポイントは
・精神疾患は1年以上長期入院する患者が全体の65%を占める
・初期の患者に対応する医師の数を3倍に増やし、入院期間を1年以内に抑える対策を実施する
ということで、無理やり1年以内で放り出されないか心配ですが…

ちなみに、この統計だと国民健康保険と被用者保険との間の1人当たり医療費は倍にまではなっていないですね。
http://www.mhlw.go.jp/topics/medias/year/10/dl/iryouhi_data.pdf

1人当たり医療費の推移
より正確なソースが見つかれば当たってみたいと思います。

正直言って、1年以上の入院がそんなに多いとは、思っていませんでした。
入院よりもむしろ、通院+投薬のイメージがあったので、深刻化すると
「心の風邪」どころでは収まらず、
「心の肺炎」レベルになってしまうリスクを再認識しました。

就業規則のチェックでも「メンタルヘルス対策」は休職に直結することが多いため、
「セクハラ・パワハラ対策」以上に重要視されてきています。

また、従業員にメンタルヘルスが発生したお客様と話していて感じるのは、
メンタルヘルスの「連鎖」についてです。

これまで発生していなかった企業でも、1人が発生すると、次から次へと発生する。
そんな「連鎖」について、先日も「なぜ?」と話題になりました。

ひとつは、その要因が長時間残業といった労働時間にある場合、
業績低下を労働時間でカバーしようとして…といったケースが想定できます。

「長時間働いているわけじゃないんだけど…」と言う場合でも、
組織の風土がこれまでと変わってギスギスしてきたことが、
将来に対する不安を増大させているケースもあるのではないかと考えています。

不安、という点では、今回の調査は平成22年分ですので、
昨年の震災、そして原発事故後の、平成23年以降の調査では、
メンタルヘルス関連の悪化という形で、統計に現れてくるのではないかと懸念しています。

その中でも、どれだけ「笑顔」でいられる組織風土を作れるか、
企業側も人材を失わないための取り組みが必要になってきています。

昨日は「組織風土改革について」や風土のカギを握る「リーダーシップ診断」に関する
ブラッシュアップへ参加して来ました。

こちらも非常に興味深い内容となっていますので、またの機会にご紹介させていただければと願っています。

Posted in ニュース メンタルヘルス 統計 by shiro. コメントは受け付けていません。

個人事業主の5割が年収150万円未満?

年収階級別加入者数の相対度数分布
<厚労省 調査書より>

厚生労働省は9日、「公的年金加入者等の所得に関する実態調査」の結果を公表した。公的年金加入者の1人当たり平均年収は297万円で、加入種別では、第1号被保険者159万円、第2号被保険者等426万円、第3号被保険者55万円となっている。男女別では、男性419万円、女性166万円となっている。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002exks.html

第1号被保険者の平均年収159万円には、「低い」という感想が第一に出てくる。

しかも、平均年収が「50万円以下」の人が全体の2割以上を占めており、「50万円以下」と回答した人のうち14.7%が「収入なし」となっている。
年齢層や性別で見ても、もっとも高い40代男性(配偶者あり)が404万円と、第2号被保険者等の426万円には及ばない。

私のところには、個人事業主として起業の相談でいらっしゃる方も多いですが、
下記「自営業主」の数字を追ってみてみましょう。

年収階級・就業形態別第1号被保険者数の構成割合

年収 構成割合 累計 構成割合
50 万円以下 26.9% 26.9%
50〜100 万円以下 12.1% 39.0%
100〜150 万円以下 10.2% 49.2%
150〜200 万円以下 9.1% 58.3&

約5割が150万円以下、6割が200万円以下という状況のようです。

データをどこまで正直に受け取るかは、人それぞれかと思いますが、
起業には、「覚悟」と「準備」、そして「サポート」が必要だ、という認識を強くする方も多いと思います。

当事務所では、平日夜に創業相談等も行なっておりますので、
ぜひ、お気軽にご連絡ください!ざっくばらんにお話を伺います。

Posted in ニュース 統計 by shiro. コメントは受け付けていません。

過剰なリスクに怯えないためのリスクマトリックス

前回の補足です。

ファーストサーバ事件の衝撃を受けて、バックアップの確認や、普段取っていないバックアップについて、
「あれも取らなきゃ」「何でこれは毎日取ってないのか」との指示を受けて、てんてこ舞いな人もいたと思います。

しかし、そもそも何でもかんでもバックアップしてないといけないものでしょうか?

リスクの対応の方法を決める際には、ヒートマップやリスク・コントロール・マトリックスなどのリスクマップが有効です。

これは、縦軸にリスク発生時の影響の大小、横軸に発生頻度の大小を記したものです。

マトリックスで整理することにより、発生可能性と影響度を横軸・縦軸にレベル分けし、グラフ化することによって、最もリスクが高い箇所を浮き立たせることができます。

ちなみに、今回のファーストサーバ騒動は、「起こるはずのない致命的な事故が起きた」という点で、
図の左上に入るべきでしょう。

万一、起きた際の影響を少なくするためにバックアップが必要だった、という教訓を残しましたが、
そもそも顧客にはバックアップを取る手立てが無かったりしたそうで…
その場合は、保険等に入って、リスクを他社へ「移転」するか、必要なデータについては2重管理を行うか、
…あるいは、踏み入れてはいけない道だった…は、今じゃないとわからないことでした。

大事なのは、過剰に反応してバックアップ地獄や復旧テスト地獄に陥らないこと。
そして、発生確率の少ないものにばかり対応して、1番重要な高確率・影響大のリスクへの対応をおろそかにしないこと、でしょう。

Posted in it by shiro. コメントは受け付けていません。

バックアップは万全ですか?

ファーストサーバが大変な騒ぎになっていますね。
レンタルサーバーの【ファーストサーバ】

6月20日(水)17時30分ごろより、弊社一部のサービスにおいてWEB・メールなどのデータが消失し、ご利用いただけない状態になりました。ご利用のみなさまにはご不便をおかけいたしまして誠に申し訳ございません。

ファーストサーバ障害、深刻化する大規模「データ消失」(日経新聞)

「被害にあった顧客件数は5698件で、ほとんどが復旧不可能な状態。ウェブサイトやメールに加え、顧客情報やスケジュールなど多種多様なデータが失われ、業務が止まった企業からは悲痛な叫びが聞こえてくる。いったい何が起きているのか。」

原因の中間報告もされ、何が起きたのかが明らかになって来ました。
だいたいは先週末からの各所での予想どおり、と言ったところでしょうか。

大規模障害の概要と原因について(中間報告)

このページの方には、システム管理に携わったことがある人間なら
ゾッとする対象サーバー「以外」が死んでいく様子の図が描かれていますね。

しかし、何と言ってもこわいのは、「確認不足」とはいえ、
すべての作業が手順通りに行われていて起きている、ということです。

その実施手順自体に問題があった(メンテ対象サーバ以外の確認を怠った)
というのはたやすいことですが、複雑化が進むシステムを管理していると、
単一企業では意外と似たような事態、あるいは「ヒヤリ」としたことは、
意外と多いんじゃないかと感じています。

今回の「事件」のポイントは、
・あるはずのバックアップが(障害後上書きされて)無くなった

・バックアップを手元に保持している企業だけが、早期に復旧をできた

「そのため、障害の影響が及んだ約5700の顧客すべてが、26日現在も「自力」でウェブサイトを再構築するなどの作業を強いられている。幸いにして手元にバックアップデータがあった顧客は、22日18時頃から再構築することが可能となり、順次、復旧している。」

(日経新聞Webより)

・約款をよく見るとエンドユーザー側にもバックアップの実施責任があり、損害賠償も支払った金額の範囲のみとなる?(これについては約款がどうであれ、裁判の中で明らかになっていくと思います…裁判を起こせる余力が被害企業にあれば…)

といろいろありますが、自衛するには…そう、
「バックアップ」しか無いと思います。


The History of Tape Storage / Pargon

今週は騒動を受けて、多くの企業が震災後ふたたび、
クラウドの利用、そしてバックアップデータの復旧フローに改めて思いを寄せたことと思います。

私がITマネージャーをやっていた頃も
「バックアップさえ残っていれば、時間はかかっても必ず復旧できる」

という上司との運用ポリシーに則り、その中で
「じゃあどれだけ速く復旧できるのか」を予算との兼ね合いで決めていました。

大企業出身の方ですと
「別々のサーバーで常にDBを同期して、片方がダウンしたら自動で切り替えて…」
と、「1分、1件たりとも失わないシステム」の実現を当然と考え、要求してきますが、
中小企業は予算と障害発生確率とのバランスを取るしかありません。

そして、一番失いたくない…重要なデータは何でしょうか?

Webサイトが無くなったとしても、全くデータが残っていない企業は少ないと思います
(Googleのキャッシュから復元した企業もあったとか!?)
※ECサイトをやっている企業では、「機会損失」の実害が出てしまいますが…

一番痛手を負ったのは、顧客や仕入先との受発注データ…
さらには顧客データそのものがなくなってしまった場合でしょう。

江戸時代の呉服屋は、店が火事になったときに、
持って逃げるべきは商品ではなく、「顧客名簿」だったといいます
(井戸に投げ込んで、後から回収するとか)。

リストさえ残っていれば、商売は再開できる…
そして、発注した顧客に正しく商品を届けることを第一に考えると、

・顧客リスト
→定期的にバックアップ
・顧客、仕入先との受発注情報
→理想は1件ごとの同期、とはいえ1日のトランザクション数との兼ね合いで、
日次バックアップ、あるいは発生毎に別サーバーのメールに飛ばす…といった工夫でも良いかと思います。

何日後に復旧できれば良いのか、で考えて決断していきましょう。
契約書や発注書など、システム以外の復旧方法があるかどうか、も判断材料となります。
(システム担当はシステム以外の方法がなかなか思いつきません…)

震災を経て、多くの企業がDRP(Disaster Recovery Plan)の見直しから、クラウドに向かっていきました。

ハードウェアトラブルやバックアップ運用から解放されるために、
クラウド利用へと舵を切った企業に対して、初期化+復旧不可能は、あまりにも
ひどい仕打ちです。

叡智を集めてデータ復旧へのウルトラCを何とか実現してほしいものです。

しかし、企業、そして個人でも…データのプライオリティと、
それに応じた2重、3重のデータ保護方法について、今度こそ先延ばしせずに決めておく必要があります。

Posted in it by shiro. コメントは受け付けていません。

「新型うつ病」は悪意によるフリーライダーか?


月 / 柏翰 / ポーハン / POHAN

なぜか「患者」は大企業のサラリーマンと公務員ばかり「新型うつ」これが真相です

上記ゲンダイの記事を読んでの感想です。

最近増えてきているという「新型うつ」。

以前から「非定型型うつ病」としても取り扱われていましたね。
https://jinjibu.jp/article/detl/bizguide/423/

以前の記事では、「非定型型うつ病」の特徴 として、下記4つを挙げています。

(1)自分にとって好ましいことがあると気分が良くなる。
(2)人間関係において過敏な傾向があり、特にプライドを傷つけられるような言葉には激しく反応する。
(3)過食や過眠が見られる。
(4)身体的重圧感や疲労感がある。

(1)に対しては「ずいぶんと都合がいい病気みたいだな」
(2)については、「最近はそんな人が増えてきてるかもな」
最初に聞いたときに、そんな感想を抱いた記憶があります。

今回の記事では、
新型うつの主な特徴として、

(1)自らうつであることを主張する
(2)他者非難、他責傾向が強い
(3)職場復帰を極力後回しにする

といった傾向を挙げ、

「新型うつの患者は大企業と公務員に多い」という専門家の声に基づき、

休職しても数ヵ月は100%の給料が出る。その後も数年間に及び、給与の8割程度が何らかの形で支給される。

といった手厚い制度を悪用する、という図式で、

「新型うつ」=「生活保護不正受給者」といった構図を描いています。

これは、私自身、心に浮かばなかったとはいえない
「それってホントに病気なの?」という「新型うつ」に対する心のスキマに入り込んできやすい論調です。

しかし、「新型うつ」=悪用するフリーライダーでしょうか?
生活保護受給者の全員が不正受給者ではないように、新型うつに苦しんでいる人もいるはずです。

この、思考に入り込んできやすいストーリーは、長い時間をかけて
「うつ」=甘え、といった古い考えを、
今や「国民病」ともいうべき「治療が必要な病気」とまで高めた認識を損なう危険があります。

http://www.fuanclinic.com/byouki/imidas.htm
「現在、日本人のうつ病有病率は12%程度と推定され、全国民の約8人に1人はうつ病かうつ状態にあるという」

とはいえ、制度が手厚いほど、フリーライダーが発生しやすい土壌があるのは確かだといえます。

「社員のため」に作られた制度が、本来の対象以外の従業員に悪用された末に、
企業を苦しめ、運用が滞ったり、廃止される…
悪用される制度が無いか、「悪意」に対する注意と対策が必要です。

なぜなら中小企業といえども、一度自ら定めてしまった規則からの解放は、
発生してからではうまく行かない場合が多いからです。

悪意に対しての抵抗力を高めつつ、善意は柔軟に与える
…そんな、原則と例外をうまく取り入れて運用できる規則を整備していきましょう。

Posted in メンタルヘルス by shiro. コメントは受け付けていません。

[その他]母校の廃校に寄せて

Takanawadai Elementary school 高輪台小学校13 / scarletgreen 母校(小学校)が廃校した。 実際には近所の小学校に吸収合併されたような形だけれど、学校名も変わるし、 何より5年間通った校舎はもう使われなくなる。 「日本一の夢ある学校に」 市内6番目の統合校誕生 高浜海浜小が開校 http://www.chibanippo.co.jp/c/news/local/76310 たまたま、見慣れない小学校の名前が入った地元ニュースを目にした。 「新しい学校ができたの …

Posted in その他 by shiro_96. コメントは受け付けていません。

介護事業者向け労働基準法セミナー

本日は、給与計算アウトソーシング会社主催の介護事業者向けのセミナーにて、
介護保険法の改正に伴い、指定取消を避けるために、
介護事業者で特に気をつけるべき労働法関連のポイントについて、
社会保険労務士の視点から2時間ほどお話をさせていただきました。

何回か同じテーマで話をさせていただいていますが、
毎回参加者の方からの現場の声や質問に気づかされることがあり、
そのたびにレジュメもパワーアップしています。

本日参加された皆様、ありがとうございました!

次回の開催は未定ですが、次回はより内容を充実させたいと思います!

Posted in セミナー 近況 by shiro. コメントは受け付けていません。

アカデミーヒルズでの講義

「知の拠点」アカデミーヒルズ:六本木ライブラリーにて
「出版・執筆に関する意見交換会」の講師として参加してきました。

紹介記事はこちら

これまでの「超快速勉強法(カイベン)」をはじめとした、10冊以上の著書の
出版に至る経緯・マーケティング戦略や、出版前後のタスクについて明かせるかぎり明かしたものになります。

また、参加した方の出版企画やアイデアについてもコメントをさせていただきました。

この会から、出版企画が出ることを願ってやみません!

Posted in セミナー 近況 by shiro. コメントは受け付けていません。